オリンピックエンブレムの事件がきっかけで、ふと思ったこと。

12
JUGEMテーマ:デコぬりえ

夜分に失礼致します♪なんとなく眠れないので、今夜は、オリンピックエンブレムの事件がきっかけで、ふと思ったことを綴ります。

この問題については、yunの周囲の、アートディレクターさん、デザイナーさん、漫画家さん、イラストレーターさん、作家さん、おどろくほど多くの方が気にされていて、コメントをSNSやブログなどでupされています。
yunも表現に携わる者として、無視できないNewsです。TVNewsや、ネットでも記事が沢山upされていますし、耳や目に入ってきてしまいますし、聞けば聞くほど、佐野研二郎さんの事が、よく解らなくなります。組織委員会の方のお話も、なんだか不透明すぎて、全然よくわからないですし、、、なんだか、ケムに蒔かれているような。。。すっきりしない感じです。これから先、この事がきっかけで、クリエイターを取り巻く状況がどのように変化するのか、それとも変わらないのか、今後の展開を注意深く見守っていきたいと思います。

ここから、先は、クリエイターとしてのyunが感じている社会の現状の話デス。

yunは、企業のファッションデザイナー、イラストレーター、作家、と経験してきましたが、、、すべて、ゼロから1を生み出すお仕事。アイデア・オリジナリティが一番大切で、必須なお仕事デス。寝ても覚めても作品(商品)の事を考えて、時に、命を削り、精神を病みながら、お仕事をしてきました。過労で病気になって入院したこともあります。なので、ゼロから物を創り出す大変さは(楽しさもですが)体験済みです。
そもそも、クリエイター達が、そんな風に苦労して創り出した作品を、関係ない人たちが、勝手に、自分のものにして名声を得たり、お金をかせいだり、、、そんなことが平気でまかり通ってしまう。。。のはなぜ?って、考えてみると、日本が、そういう事をしても罰せられない、ずるい人たちにとっては抜け道だらけの法律になっているからではないでしょうか!?だから、そんなことが、沢山&いつまでも、まかり通ってしまうのではないかと。。。yunの周囲にも、yunも含め、無断で作品を商売に使用された経験のある方が、沢山いらっしゃいます。日本は、ゼロから1を生み出すようなクリエイターにとっては、とても生きづらい構造の国と、なっているように感じマス。
 
勤勉に誠実にピュアな心で、美やクリエイティブなことを、追求しているクリエイター達が、こずるくお金儲けのことしか考えていないようなエゴイストな人物達の餌食になってしまう世の中なんて、良い方向に進んでいくわけがありません。ずーずーしい怠け者達がはびこる、魅力のない夢のない国になってしまいます。(*`へ´*)キィキィ

。。。脱線しまくりました。
 
オリンピックエンブレムのお話に戻します。
せっかく、日本でオリンピックをすることになっているのですから、、、ずるいことを沢山して有名になったような人物(具体的にどなたかは知りませんが)には、全員退場していただき、もっと、ピュアな心の持ち主に、希望に満ちたエンブレムを制作してもらった方が、1人の国民としては嬉しいな。と、思います。オリンピックは、たくさんの子供達も見る事になりますし。。。
 
(↓ここからは、なんとなく読み飛ばしてくらさい。)
そして、せっかく、日本は、漫画やアニメなどのソフト面が国際的に評価されているのですから、、、yun的には、漫画家の松本 零士先生あたりに、魅力的でカッコイイ、エンブレムのデザインをしてもらったら、すごく、いいなぁ〜♡と思うのですが。。。あ、本気で、それがいい♡と思ってきちゃいました♪ハーロック的な感じ(ドクロはダメですが)の、エンブレムとか♡ユニフォームも、ヤマト風な感じにしちゃうとか♡かっこいい〜♡ロマンを感じマス♡(←すごい妄想の世界に突入)
 
ヾ(。ꏿ﹏ꏿ)ノ゙あ、最後は、自分の趣味趣向(銀河鉄道999世代なので)の話になっちゃいました!スミマセン。
メーテル


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

yunのデコぬりえ教室webサイト

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

スマートフォン

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM